懐かしのクマノミ城。

数年前からの海水温上昇によって、
キレイに群生していたサンゴ礁は無くなり、
イソギンチャクも激減してしまいました。

当然、お魚も少なくなり、

イソギンチャクが減るということは、
そこに住むクマノミも減ってしまうということ。

以前、クマノミが何百匹といた場所は、
ゴーストタウンのように一匹も見えずに静まり返っています。

そんな中、
お~、ここは元気にたくさんいるじゃん!!
という場所を見つけました。

数年ぶりに見るこの景色にちょっと感動です。

がんばれ、クマノミ。
がんばれイソギンチャク!!

ダイビング中、心の中で叫びまくった今日のツアーでした。

2018-04-22 | Posted in kailablogNo Comments » 

関連記事