3つのいいところ

  1. 専属ガイドが付くダイビング
    水中では一組に専属ガイドが付く貸切ダイビングです。
  2. 船の移動時間が短い!
    伊良部島出発なので青の洞窟までボートに乗って5分ほどで到着。船酔いが心配な方も安心♪
  3. 安心の少人数制
    当店は船上も水中も少人数制です。リラックスしてお楽しみいただけますよ!

水中カメラの無料サービス

宮古島で体験ダイビングした思い出を形に。水中カメラレンタル、または、スタッフによる撮影サービス、どちらかお選びいただけます
水中カメラレンタルご希望の方はSDカードをお持ち下さい。レンタルは一組様に1台です。
フェイスブックやインスタグラム用の写真にも使えます!

スタッフ撮影だとこんな感じ
【GALLERY】


ダイビング内容

伊良部島青の洞窟 ボート体験ダイビング
体験ダイビングの潜水時間は40分くらい

5月~9月までの限定コースです。

当日、波が高く青の洞窟へ行けない場合があります。
その際は、体験ダイビング¥13,000-の
ご案内となりなりますので、予めご了承ください。


料金
お一人様 ¥13,500- 
別途、美ら海協力金¥500-をお願いしております。
税込み価格、上記料金より他費用は発生致しません。


青の洞窟ダイビングについて

ダイビング当日、伊良部島青の洞窟周辺の波が高くて行けない場合があります。

その場合は、ボート体験ダイビング1回、ビーチ体験ダイビング1回のメニューへ変更となります。

ご了承ください。


・ツアー料金に含まれるもの

ガイド料、乗船料、ダイビング器材、ツアー保険料、水中カメラのサービス


  • 持ち物
    水着(着用状態)、タオル、サンダル、酔い止め薬 集合60分前までに服用がオススメ!

ツアー所要時間 約3.5~4h


コース時間帯

貴重なお時間を有効に!
午前と午後の半日コース。お好きな時間帯をお選びください。
スケジュール時間はあくまで目安です。

一日を充実させたい方におすすめ

 

朝はゆっくりと、午後コース

AM10:00までに宮古島へご到着だと当日の午後コースに参加可能です。

2組、5名様までの先着順となっております。
夏季繁忙期・週末・祝日は大変混み合いますので、お早目のご予約がおすすめです。


洞窟内の青さは、スカイブルーの明るい青さから濃いマリンブルーまでと、その日、その時間帯によって大きく変わっていきます。
青の洞窟の魅力の一つです。
色は違えど、潮の満ち引き、太陽が出ている、曇りや雨の日。天候、時間帯にかかわらず青くなっていますのでご安心ください。



スケジュール

時間に変更がある場合があります。

1.現地集合

午前のコース am8:00スタート予定
午後のコース pm12:00スタート予定

伊良部島の佐良浜港、または、渡口の港に現地集合。ご到着後に参加申し込み用紙ご記入、ご精算(現金払い)、ウェットスーツにお着替えいただいて出港。

集合場所はその日の海洋状況によって変わります。集合場所、集合時間のご連絡を前日の17:30~18:00にお電話にてお伝えいたします。集合場所について


2.伊良部島、出港

午前のコース am8:45
午後のコース pm12:45

船での移動時間は10分から20分程度。数多くのダイビングポイントが集まる伊良部島。移動もラクチン。
青の洞窟までの移動時間はたったの5分!

港、または、エントリー前にレクチャーを行い、ツアー開始。
ダイビング、シュノーケルする時間はそれぞれ約30分。間15分ほどの休憩あります。


3.ツアー終了

港へ帰港
午前のコース am11:30
午後のコース pm14:30


参加条件

1.1組2名様以上の開催。1組1名様のご予約は料金プラス¥8,000-

2.12歳以上(中学生以上)、60歳まで。
50歳以上の方は病歴診断書の提出が必要となります。呼吸器系・循環器系のトラブルがある方は医師の診断書が必要になります。ご予約前の確認事項を必ずご確認ください。
ご予約前の確認事項【重要】

<医師の診断書があってもご参加できない方>
喘息、肺炎、風邪、心臓・循環器の疾患、てんかんや神経・脳の疾患、肺・呼吸器の疾患、高血圧、精神病・不安障害・行動障害、インスリン・血糖降下剤により治療中の糖尿病、妊娠中、 飲酒(8時間以内の飲酒はお控え下さい)、手術歴がある方

3.ダイビング終了後、その日に飛行機へのご搭乗は身体の安全上できません。

4.現地集合、現地解散となります。→集合場所について

5.150cm,60kg、160cm,75kg、180cm,90kg等の器材はご準備できません。または、ツアーの参加ができません。


伊良部島海の案内人

内川 達郎 Uchikawa Tatsuro 
PADI インストラクター


青の洞窟をご案内したゲストは数千名。青の洞窟を知り尽くす、まさにスペシャリスト。 海での不安やストレスを取り除く事にはピカ一。今まで経験した内川のガイド魂を込めて伊良部島青の洞窟へお連れ致します。


– 生年月日:S60 2月17日 – 出身地:長野県安曇野市


伊良部島青の洞窟とは?

青の洞窟といったら、沖縄本島にある真栄田岬やイタリアの離島カプリ島にあるどうくつを思い浮かべる方も多いでしょう。
沖縄県宮古島のとなり、伊良部島にも青の洞窟と呼ばれる場所があります。洞窟内はエアードームになっていて、全長30メートル、幅3m、水深約2~3m、水中は唯一無二の景色、奇跡的な青さが広がっています。一目見れば由来がわかります。
佐良浜港から船で約5分の場所。港は宮古島市街地から車で30分ほどで到着することもあり車の移動アクセスが良いことも人気の理由の一つです。
宮古島に来島する際は訪れておきたいオススメ地形スポット。島内では1、2を争う人気な観光名所です。


今、伊良部島が大注目!

伊良部島の海がとても綺麗で見所が沢山あるからです。手付かずの自然が数多く残る伊良部島。その海もまた世界中から注目が集まっています。ボートポイントだけでなく、ビーチのレベルも高く、海の中は水族館の中にいるかのように感じられます。海のポテンシャルの高さに合わせて青の洞窟があります。青の洞窟があることで人気がより高まりました。


青の洞窟story

バタルツ。伊良部島青の洞窟、本来の名前です。大潮の干潮時には潮干狩りで歩けるようになるのですが、ちょうど洞窟入り口は海の中へ亀裂があるため渡る必要がある。ということから渡る口、島の方言でバタルツとなったわけです。
宮古島のダイビングの歴史は40年ほど。ダイビングポイント名としても名前がついております。青の洞窟は外観から2つの穴が見えることからツインホールという名前があります。今ではダイビングもシュノーケルでも楽しめるポイントとして有名になり、青の洞窟が一番ポピュラーな名前となっています。

 


青の洞窟、ベストシーズンが夏の理由は?

伊良部島青の洞窟は大人気な地形スポット。青の洞窟の本場、イタリアの洞窟では小さなボートで入っていきますが、伊良部島青の洞窟はシュノーケル、ダイビングで楽しむことができます。
青の洞窟へ一年中行けるかというと、そうではありません。マリンレジャーは自然相手となりますので、行きやすいシーズンがあります。その時期、どうして行けないのか、行ける確率についてご紹介していきます。


青の洞窟おすすめ時期

それは6月~8月の間は80パーセント以上の確率で青の洞窟へ行けます。夏の時期に行けないときの理由は、台風による原因が多いです。台風は夏の時期にどうしても発生するもので、伊良部島近海に台風が来るとツアー自体が中止となることがあります。波のうねりがあると洞窟内に波が入り、中は洗濯機状態に。安全第一でツアーを開催決定を致します。


なぜ夏なのか


青の洞窟の位置

なぜ青の洞窟のおすすめ時期が夏なのか。まず、青の洞窟は伊良部島のどこにあるかを知る必要があります。上の図のように場所は伊良部島の北側に面しています。佐良浜漁港からボートで5分程度の場所にあり、アクセスが良いことも人気な理由の一つです。


南風が最適な青の洞窟

季節によって北風が強く吹く季節もあれば、南風が吹く季節もあります。
北風が吹くと伊良部島北側方面の海面は波立ち、船が出せない状態になります。そうなると、青の洞窟方面へ行きにくくなるのです。
その代わり、南側は波が穏やかなので、伊良部島の南側の海へボートで出かけます。
ということは、南風が吹くと青の洞窟へ行きやすいのです。南風が吹くと青の洞窟は最高なコンディションとなります。


南風が吹く季節

南風が吹く季節、それは。6から8月夏の時期は青の洞窟へ行ける確率は8割以上になります。あと2割は台風の影響で行けないことが多いです。


季節の変わり目

春から夏に変わる4、5月のような季節は風向きがころころ変わります。行ける確率は夏より高くありませんが、当店の統計上、6割近く青の洞窟方面へボートを出せております。


青の洞窟、冬の時期は?

冬の時期になると北風が強く吹き、伊良部島青の洞窟方面は波が高く行けなくなってしまうことが多くなります。しかし、全く行けないというわけではありません。青の洞窟へ行けることももちろんあります。確率として、南風が吹く夏の時期に比べて下がってしまいますが、希望を捨ててはいけません。


6月がカイラ一番のオススメ!

伊良部島青の洞窟、うちの店が特にオススメするのが6月です。理由として、まだ夏の本番前ということもあり、人が少なく、台風があまり来ないからです。また、5から6月の沖縄県伊良部島は梅雨の時期でもありますが、沖縄は空梅雨で有名。内地の梅雨と違い、ずーっと雨が降る日が続くということはめったにありません。伊良部島青の洞窟、カイラがオススメする一番の時期は6月です。


まとめ

マリンレジャーは自然相手となります。そのため、南風が吹いていても青の洞窟へ絶対にご案内できるという保証ができません。行けない場合、当店では他コースのご案内とさせていただいております。お連れのお客様にもご了承頂けますようお願い申し上げます。
毎日青の洞窟方面の海洋状況のチェックを行っております。その日の判断となってしまうことも多いですが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。