宮古島体験ダイビングkaila|伊良部島で半日ボートのご案内


専属ガイドが付く
半日の体験ダイビング


宮古島体験ダイビング


kailaの体験ダイビング

カイラは宮古島のとなり伊良部島のダイビングショップです。体験ダイビングコースではインストラクター1名に対してゲスト2名様、1チームに専属ガイドがつきます。初めて体験ダイビングにチャレンジされる方も安心安全。少人数の貸切体験ダイビングで宮古島の海を満喫しよう。ご夫婦、カップル、お友達同士に大好評です!


水中カメラのサービス

宮古島で体験ダイビングした思い出を形に。水中カメラレンタル、または、スタッフによる撮影サービス、どちらかお選びいただけます
水中カメラレンタルはSDカードをお持ち下さい。


伊良部島、海の案内人

伊良部島ダイビングショップkailaガイド

内川 達郎 Uchikawa Tatsuro 
PADI インストラクター


18歳のとき、初めてダイビングした宮古島、伊良部島の海の感動体験は今でも忘れません!
親切、丁寧がモットー。のんびりゆったりリラックスダイビングがスタイルです。宮古島旅行の思い出作りのお手伝いをさせていただきます。


– 生年月日:2月17日 – 出身地:長野県安曇野市

 


ダイビングコース内容

各時間帯、2組様までの先着順です
1ダイブの潜水時間は40分くらい


ボート1ダイブ お一人様¥11,500 
ボートで行く体験ダイビングを1回 


午前2ダイブコースのみ
地形スポットリクエスト可能です。
※地形スポットは1ダイブ
ご予約フォームのご質問・ご要望欄に『地形スポット希望』とお伝えください。
※海洋状況によってはご案内できない場合があります。
予めご了承ください。

ボート2ダイブ お一人様¥16,500
 ボートで行く体験ダイビングを2回  

2diveおすすめの理由とは


ビーチ1ダイブ お一人様¥10,500
ビーチからのエントリー ダイビング1回


別途、美ら海協力金¥500-をお願いしております。
上記料金より他費用は発生いたしません。


・所要時間 3,5~4hほど


・料金に含まれるもの

ガイド料、乗船料、ダイビング器材、ツアー保険料、水中カメラのサービス


・コース時間帯

午前と午後の半日コースです。
時間はあくまで目安です。
宮古島体験ダイビング午前

宮古島体験ダイビング午後

AM10:00までに宮古島へご到着だと当日の午後コースに参加可能です。



ダイビングの流れ

時間に変更がある場合があります。

1.伊良部島、現地集合

午前コース am8:00頃スタート
午後コース pm12:00頃スタート
※午後2ダイブご希望の場合、お電話にてご確認をお願い致します

宮古島のとなり伊良部島出港です。ダイビングポイントまで近いとても便利な佐良浜港、または、渡口の港に現地集合。宮古島の市街地から30~40分ほどの場所です。ご到着後に参加申し込み用紙ご記入、ご精算(現金払い)、ウェットスーツに着替えて出港。

集合場所はその日の海洋状況によって変わります。集合場所、集合時間のご連絡を前日の17:30頃にお電話にてお伝えいたします。集合場所について


2.ボート出港、ダイビング

午前コース am8:45出港
午後コース pm12:45出港

ボートでの移動時間は10分から20分程度。数多くのダイビングポイントが集まる伊良部島。ボート移動もラクチン。宮古島の港出港よりポイント着く時間は早いです。
港、または、エントリー前に体験ダイビングのレクチャーを行い、ダイビング開始。ダイビングする時間は30~40分。


3.ツアー終了

午前 am11:30頃
午後 pm15:30頃


参加条件

1.1組2名様以上の開催。一組1名様のご予約は料金プラス¥9,000-

2.12歳以上(中学生以上)、60歳まで。
50歳以上の方は病歴診断書の提出が必要となります。呼吸器系・循環器系のトラブルがある方は医師の診断書が必要になります。ご予約前の確認事項を必ずご確認ください。
ご予約前の確認事項【重要】

<医師の診断書があってもご参加できない方>
喘息、肺炎、風邪、心臓・循環器の疾患、てんかんや神経・脳の疾患、肺・呼吸器の疾患、高血圧,精神病・不安障害・行動障害、インスリン・血糖降下剤により治療中の糖尿病、妊娠中、 飲酒

3.ダイビング終了後、その日に飛行機へのご搭乗は身体の安全上できません。

4.現地集合、現地解散となります。集合場所について

5.150cm,60kg、160cm,75kg、190cm,90等の器材はご準備できません。


  • 持ち物
    水着(着用状態)、タオル、サンダル、酔い止め薬

コース選び、3つのポイント

1.体験ダイビングの回数

1つ目のポイントは、ダイビング回数。1ダイブと2ダイブがあります。
1ダイブは水中の世界への慣れという感覚、2ダイブ目は心も体の使い方も余裕ができ、さらに自由にリラックスして宮古島の海へ。2ボートダイブが大好評!宮古島の海をたっぷり堪能できます。


2.午前or午後コース

伊良部島出発だからできる、全ての体験コースを半日にてご参加可能。宮古島伊良部島ご滞在を有意義に過ごせます。
午前コース8:00集合予定で思いっきり海で楽しんで、終了後はゆっくりと伊良部島や宮古島観光へ。午後のコース11~12:00集合予定は、朝はのんびりとしたご滞在計画されている方からのリクエストが多いです。


3.エントリー方法 ビーチorボート

ビーチは足の着く浅瀬で呼吸の練習から始まり、なだらかに海の中へ降りていくスタイル。
ボートは、宮古島では最もポピュラーな方法。10から20分移動し、水深が3から5メートルの水底へ降りて行きます。お申込み90パーセントはボートのご希望です。しかし、どんな穏やかな海でも揺れがあります。船酔い対策として酔い止め薬を飲むことを強くおすすめします。


体験ダイビングを楽しむために

1.睡眠をたっぷり

宮古島には美味しい泡盛がたくさん。しかし、前日の夜更かしや深酒をしてしまうと、耳が抜けないなど体調に影響が出る場合があります。マリンレジャーは一歩間違うと命に関わる危険なスポーツでもあります。お酒が残っている状態はツアーの参加をお断り致します。


2.体調を整える

風邪をひくと、耳抜きができません。咳、または、喘息をお持ちの方は参加を控えましょう。レギュレーターから出る空気はとっても乾燥しているため発作が起こりやすいのです。宮古島へご旅行の前に、体調を整えましょう。


3.酔い止め薬

海では普段なかなか感じることが無い揺れがあり、気分が悪くなってします事が多々あります。
ツアーを快適に過ごすために酔い止め薬を乗船60分前にお飲み下さい。
とっても不安な方は直接お電話にてお問い合わせ下さい。船酔いしないための必殺技をスタッフが伝授いたします!
宮古島にご到着されてからでも、ドラックストアに酔い止め薬は売ってます。

 


初めての体験ダイビング、覚えてもらいたい3つのこと。


1,耳抜き

ゴックンの方法(唾をのむ)とフンッの方法(鼻をかむように)、大きく分けて2つ方法があります。
耳抜きは自分で意識して行い、耳抜きが成功するとつまりが無くなりラクになります。

  1. ゴックンの方法
    鼻をつまんで唾をのむ、唾が出なかったら何か飲むふりをする。
  2. フンッの方法
    鼻をつまんで鼻へ息を吹き込む。

耳抜きがしにくい最も多い原因は、鼻をしかっりつまめていないということ。
力を込めてつまむ必要はありませんが、下から上に気持ち持ち上げるようにつまんであげることがコツです。


2,リラックスな呼吸

ドキドキや緊張はもちろんあるでしょう。ですが、自然と体が慣れていってくれるからご安心を。
リラックスな呼吸を心掛ける、2つのポイントをご紹介。

  1. 息を吐く
    ため息つくように、ゆっくり長く息を吐いてあげましょう。
  2. 間隔を開ける
    ゆっくり落ち着いた呼吸ができます。

息を吐くことによってリラックス効果が生まれるんですって。そして、息を吐いたら吐いた分、気持ちよく空気が吸えます。あまり意識しすぎず、インストラクターがレクチャーしますので一緒にやってみましょう。


3,マスクの水抜き

ダイビング中、口から吸って鼻から息を出すこともできます。そうするとマスクから空気が出ていく隙間ができて、その隙間からマスクの中に水が入ってくることがあります。
水が入っても大丈夫。水の出し方があるんです。

  1. マスクの上のフレームを手で押さえる
  2. 上を向きながら鼻から息を出す。
    鼻から出した空気が、マスク内の水と一緒に出ていきます。

海の中で何かトラブルがあっても、必ず対処法がありますのでご安心ください。ガイドが丁寧にレクチャーいたします。