当店へお越しいただくお客様には世界中の海でダイビングを楽しまれている方が大勢いらっしゃいます。

せっかくの機会なので海外の海の様子を聞かせていただくのですが、

お話の最後には『トータル的に沖縄が一番面白いね。』と耳にすることがあります。

有名どころでいうと、

沖縄本島には真栄田岬の”青の洞窟”や慶良間諸島、久米島は大物から魚影の濃さがあるダイナミックな感じ、

石垣島はマンタ、与那国島はハンマーヘッドや海底遺跡などと、島によってダイビングポイントの見所があります。

宮古島は地形ダイビングです!

海外も含めて、地形ダイビングポイントこれだけ密集しているのはとても珍しいことも特徴です。

宮古島の地形ダイビングポイントの有名どころは、隣の伊良部島、下地島に存在します。

宮古島ダイビングショップは宮古島の港から船で30分から40分ほど、

伊良部島からだと15分~20分ほどでダイビングポイントへ到着できます。

本日のブログは、マリンハウス kailaが普段よく行く

ライセンスお持ちの方で、初心者さんでも楽しめる地形ダイビングポイントのご紹介をさせていただきます。


伊良部島”青の洞窟”

宮古島青の洞窟は伊良部島にあります。

『青の洞窟』由来の通り、洞窟の中は水面が青く輝いており、神秘的な景色が広がっています。

洞窟内の水深はとても浅く、大潮の満潮時でも3mちょっと。

浅いから面白くないんじゃないの?

と、よく思われがちですが、浅いからこそ見られる青色なのです。

当店で一番の多いリクエストも青の洞窟です。

洞窟から外に出ると、ガイドのコース取りによっては水深15メートル付近まで降りて

フィッシュウォッシングダイビングも楽しめます!

ウミガメに出会える日もあったりするんですよ~!

ポイント全体、潮の流れの影響も少なく、アップダウンの起伏も激しくないので初心者さんファンダイバーでも十分に楽しめます!


中の島チャネル

中の島チャネルは伊良部島に隣接する下地島にあります。

チャネルの語源は水路を意味していて、海中は迷路のような入り組んだ地形があります。

岩の隙間からは太陽の光が差し込み、ダイビングならではの景色が広がっています。

太陽が出ないとき、それは全くの別物で

より探検気分が増すような感覚を味わうことができますよ!

kailaスタッフ内川も大好きなポイント!地形スポットの見所が沢山あって、お魚もたくさんいますよ!

ウミウシなどの小物生物もいたりするので、

地形、お魚、小物まで楽しめるオススメなダイビングポイントです!


地形ダイビングは2ボートダイブ!

その他にも沢山のダイビングポイントがあります。

当店のファンダイビングの特徴は、初心者さんに優しいリラックスダイビングです。

そのため、一本目から地形ポイントへ行くことは中々ありません。

オススメは2ボートダイブです。

1本目に体慣らし程度にフィッシュウォッチングダイビング。

2本目にリラックスした状態で地形ダイビング。

その方が絶対に地形ダイビングを楽しめます!

いきなり1ダイブ目からドキドキの状態で暗闇の地形に行くと

リラックスダイビングできないんじゃないかなと思います。


まとめ

今回ご紹介しました2つのポイントは、

潮の流れ、透明度の良さ、波の影響を受けにくいなど、総合的に安全な無理のない

初心者さんでも楽しめる地形ダイビングポイントをチョイスしました。

ファンダイビングツアーでは、リラックスダイビングをコンセプトにご案内させていただきます!

宮古島 青の洞窟 ダイビング

移動時間はわずか5分。おすすめの夏は青の洞窟へ毎日出港してます!