南国の島、沖縄県宮古島。宮古島を旅行するなら春から夏にかけてトップシーズンになります。ですが、観光客が多く、航空券、ホテル代が高いことがネックに思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回ご紹介する内容が、宮古島旅行は冬の時期もねらい目!魅力がいっぱいです。

冬の宮古島の魅力をお届けします!


宮古島の冬の気候

冬の季節は何月かというと、12月、1月、2月の約3か月間です。

冬の宮古島の平均気温は20度前後と温かく、湿度も60~70%と高いため、実際の気温よりも高く感じられるかもしれません。

たまに気温がグッと下がる時もあり、数年前は一桁の8度まで下がることがありました。

これは極めて稀なことではありますが、冬の時期に2、3回は12度くらいまでは冷え込みます。

風は強く吹く日もあり、風速10メートル以上吹き込む日も少なくありません。

夏の時期、頻繁に発生する台風は冬の時期にはほとんど発生しないため、台風ほどの大荒れになることはありませんが、

たまに冬の時期でも台風が発生し、フィリピン海域などを通過することもあります。

台風になるとかなりの力を持ちますので、波のうねりが発生するため注意が必要です。


冬でも楽しめるマリンスポーツ!

冬の時期、本州では氷点下になって道路が凍結したり、雪が積もってスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが盛んになりますね!

宮古島では雪が降りませんので、ウィンタースポーツをすることはできませんが、通年通してマリンスポーツを楽しむことが出来ます。

中でも人気が高いのが、スキューバダイビングです。

冬の時期の海水温は22度くらい!気温よりも海水温の方が高いので、海の中の方が温かく感じれるかもしれませんね!


冬こそダイビング楽しめる!

宮古島でダイビングが好きな人こそ知っている、冬の海の魅力。

  • 海中の透明度がイイ
  • 地形スポットへ行きやすい!
  • 観光客が少ない
  • 旅費が安くて済む
  • マンタなどの大物に出会えるかも!

海中の透明度がイイ

宮古島の冬にダイビングを体験する良さは、なんといっても海中の透明度が高くなることでしょう。

夏の時期は海水温が30度近くまで上昇し、プランクトンが発生しやすい環境が整います。プランクトンが多い海は必然と透明度が落ちます。

それでも夏の宮古島の海は、他の島に比べて透明度が高いと有名ですが、さらに透明度が高いのが冬の時期です。

プランクトンが少ないため、最高に透明度が高い海と出会える確率が高くなります。

地形スポットへ行きやすい!

宮古島の有名なダイビングスポットのほとんどは、伊良部島に隣接している下地島にあります。

下地島の人気なダイビングスタイルは地形ダイビングで、「通り池」「魔王の宮殿」「アントニオガウディ」などのたくさんの地形ポイントがあります.

このほとんどは水深が深いため、ダイビングライセンスを持っている人が参加できるファンダイビングコースで楽しむことが出来ます。

ダイビングライセンスが無い方が楽しめる体験ダイビングコースでも地形スポットへ遊びに行くことが出来ます。

下地島エリア方面では、「中ノ島チャネル」というポイントです。

い入り組んだ地形が面白く、初心者さんからベテランまで楽しむことが出来るダイビングポイントです。

観光客が少ない

夏のシーズンの宮古島、伊良部島はどこへ出かけても人でいっぱいでしょう。

冬の時期は人が少ないので、夏の時期に予約がいっぱいで入れなかった飲食店も入りやすいです。

人が少ない理由として、連休が少ないこと。

そして、夏がトップシーズンのイメージが強いことにあります。

沖縄旅行は夏!という方、冬もいいですよ~。

旅費が安く済む

飛行機代もホテル代も、夏の時期に比べたら半分以下になることがほとんど!

その分、美味しい食事やオリオンビールをたくさん飲むことができますよ!

ダイビングをあと一回多く潜ることが出来ますし、費用は夏に比べるとかからないため、その分、追加でいろいろなことを楽しむことが出来ます。

マンタなどの大物に出会えるかも!

冬の時期の見どころは、地形スポットだけではありません。

大物の水中生物に出会える確率が上がっていきます。

マンタは宮古島近海に回遊しに来て、イソマグロも冬の時期の方が大きくなるといわれています。

大物が出没しやすいダイビングポイントがあるので、是非狙いに行ってみましょう!


まとめ

宮古島の冬の時期は穴場時期ですよ!

宮古島でダイビングが好きな人ほど冬の時期を狙うんです!

寒いのが苦手だな、海って冷たいでしょ??ご安心ください。防寒グッツをお客様分揃えていますので、寒さ対策はお店でしています。

船上ではフリース、ボートコート。

ダイビング中にはフード、またはフードベスト。タッパーなど、ダイビングンに必要な防寒アイテムはすべて無料で貸し出ししてますので、ご安心ください。

当記事以外にも冬の宮古島ダイビングで質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。